北の大地でセイノユカがものを作っている記録です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
個展「道程」終了致しました。ありがとうございました。
ご無沙汰しております。
個展が終わって早々に感謝の言葉をお伝えできず、
このように期間が空いてしまったことをお詫び致します。

5月頭から体調を崩し、風邪で声でない搬入、無事終了し搬出後急性胃腸炎
治ったら今度は長年抱えている腰痛の悪化で立つこともままならないという不健康のデパートのようになっていました。
全快ではありませんがやっと元気になってパソコンに向かっている次第です。

ほとんど在廊することができず、足を運んで下さったお客様(芳名帳戴きました)
最終土日しかいることができず、見にきたけど会う為にもう一度来て下さったお客様
友人、知人のみなさま
行けないけどメールくれた友達、知人
すべてをしっかり受け止め、これから先を見据える力となりました。ありがとうございます。

久しぶりに会う同級生が旦那さん、奥さんを連れてきてくれたり
友達が子供と一緒に来てくれたり、おなかにこどもがいたり。
一緒に作品を作ってくれた人や、絵描き友達、たくさん悩みを聞いてくれた友達、知人
お世話になってる新道展の方々、学校の先輩、先生、イラスト活動で知って来てくださったお客様
いつも助けてくれる友人や、今まで関わってくれたミュージシャンのみなさまなど
この15年で関わってきた人生すべてを振り返らせてもらうことが出来ました。
こんな体験なかなか出来るものでもないですね。わたしはとても幸せ者です。
たいした恩返しも出来ませんので、これからもずっとずっと描き続けて行こうと再度確認することが出来ました。

初めての油彩での個展で、イラスト方面でであった方にどう受け止められるのか正直怖くて
油彩はじめて15年たってしまいました。
全然優しくなんてないし、見栄っ張りなわたしは
本来生きていく上での黒い部分と寂しさとむなしさしか表現できません。
油彩が本来の姿であり、これを肯定していただけたということは、
わたしにとって今回とても大きいものでした。
たぶん、わかりづらい表現になりますが
最後には清野有香もセイノユカも表現として全部1つに還る予定でやっています。

また、お会いできますように。
一度分かれた人生が、また再びどこかでクロス出来るよう
わたしはずっと描き続けたいのです。それがお礼になることを信じて。


札幌アートブロガーの梁井さんが今回の個展のことを記事にしてくださいました。
この10年、もっと前からずっと見ててくださる方がいらっしゃるということはとてもうれしいし、力になります。
ありがとうございました。記事はこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/h-art_2005/e/3095dde15e2dd056e8bd4ce489bd6438


今回のこの展示をもって、札幌での活動および展示はしばらくおやすみする予定です。
(新道展とnewpointは出来るかぎり続けるつもりではいますが)

振り返ったので、また前に進みます。

個展にお越しいただいた皆様には、後日お礼状をお渡しする予定です。
カフェ部分に飾っていた新作2枚の絵のタイトルを添えて。

あらためて、ありがとうございました。


2014年7月20日

清野有香

何枚か撮影していただいたものから。



撮影:星野麻美
個展関連 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://noisecastella.jugem.jp/trackback/187
<< NEW | TOP | OLD>>